東急コミュニティーの口コミ評価をチェック!

セーブマネーボックス

安心した老後を迎える対策

集合住宅

働きながら投資ができる

マンション経営は不動産投資の中でも最も安定した家賃収入が得られます。アパート経営は戸数が少ないので、一室でも空室が出ると家賃収入が減って経営自体が危うくなります。しかしマンション経営は戸数が多いので、一室や二室の空室が出ても他の部屋の家賃収入で当面はまかなうことができます。その間に新しい入居者を探せばいいのです。またマンション経営は戸数が多いので専門の管理会社に委託することになります。その際に空室保証のある管理会社を選ぶと、もしも空室が出た場合にも安心できます。他に仕事を持ちながらマンション経営をする人にとって、空室保証のある管理会社は便利です。住民への対応や建物の管理をはじめ、空室が出た時の入居者募集まで管理会社が行います。オーナーは本来の仕事に専念することができるのです。

40代で始めるメリット

マンション経営を始める人の多くが、将来の生活の安定のために行います。少子高齢化によって経済の見通しが不透明なので、老後の年金生活に多くの人が不安を抱いています。自分の生活は自分で守る場合、最も適しているのがマンション経営なのです。例えば40代の働き盛りにマンション経営を始めるとします。定年まで20年ありますから、その間に家賃収入が得られます。マンションを購入したローンの支払いは家賃収入によって払い終えることができます。定年後は家賃収入がまるまる自分の手元に入るようになります。環境の良い地方へ移住する場合にはマンションを売却すればキャピタルゲインが得られます。その資金で余裕の老後を送ることができます。これらを目指してマンション経営を始める人が増えています。