東急コミュニティーの口コミ評価をチェック!

セーブマネーボックス

自宅を手放さずに物件収益

レディ

建物の経年劣化を抑える

新しいタイプの賃貸として広まりつつあるリロケーションは、大家にとって複数のメリットが存在します。まず1つ目として、手間を掛けずに賃料収入が得られる点が挙げられます。留守宅の貸し出し期限を指定して貸し出せるリロケーションは、不動産管理を請け負う会社に管理を全て任せられるため、メンテナンスや入居者との折衝も大家は不要です。2つ目のメリットに、留守宅の経年劣化を緩やかに抑えられる点も注目されます。人が住まない建物は痛みやすいという問題がありますが、留守宅をリロケーションで貸し出すことで、その劣化の速度を抑えることが可能です。また、放火や空き巣といった犯罪への抑止力に繋がる点もリロケーションの魅力として挙げられます。

留守宅を利用した賃貸経営

仕事で海外への赴任・移住する場合など、自宅を長期に渡って留守をするときに、賃貸物件として代わりに入居者に住んでもらうのがリロケーションと呼ばれる仕組みです。その特徴として、期間を限定して自宅を貸し出せる点が一般的な賃貸契約との大きな違いです。借地借家法に基づいた「定期借家」がリロケーションであり、大家は自由に入居期間を設定できるため、留守宅を活用する賃貸経営として注目されています。留守宅の管理は通常は不動産管理会社といった業者に委託し、大家は賃料収入の一部を委託費として業者に支払う代わりに、手間を掛けずに賃料収入を受け取れます。このためリロケーションによる賃貸経営では、留守宅を管理してもらう業者選びも重要です。